Friday, 17 December 2010

【書籍情報】『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』


文字関連ではありませんが、ちょっと気になる書籍が本日から書店に並ぶようです。

内容は、
ウンベルト・エーコ/ジャン=クロード・カリエール
老練愛書家2人による書物をめぐる対話。
「電子書籍元年」といわれる今こそ読んでおきたい1冊!

インターネットが隆盛を極める今日、「紙の書物に未来はあるのか?」との問いに、「ある」と答えて始まる対談形式の文化論。
東西の歴史を振り返りつつ、物体・物質としての書物、人類の遺産としての書物、収集対象としての書物などさまざまな角度から「書物とその未来について」、老練な愛書家2人が徹底的に語り合う。
博覧強記はとどまるところを知らず、文学、芸術、宗教、歴史と、またヨーロッパから中東、インド、中国、南米へとさまざまな時空を駆けめぐる。

この対談は、マーシャル・マクルーハンが「グーテンベルクの銀河系」と呼んだ書物の宇宙への温かい賛辞であり、本を読み愛玩するすべての人々を魅了するでしょう。すでに電磁書籍を愛用している人だって本書を読んで髪の本が恋しくならないともかぎりません。(ジャン=フィリップ・ド・トナック 「序文」より)
ということで、気になる方はどうぞ。

阪急コミュニケーションズ書籍情報

No comments:

Post a Comment