Thursday, 20 July 2017

【文字本】日本語表記について(と漢字)の書籍がたて続けに発売されたのでまとめて紹介してみる

今月は、立て続けに日本語表記についての書籍が刊行されてる。
書と漢字の書籍も一括に紹介する。


文學界2017年8月号

文藝春秋, 2017
今号の対談が石川九楊さんだったので購入。


幻の日本語ローマ字化計画 ―ロバート・K・ホールと占領下の国字改革

茅島篤 編集, くろしお出版, 2017
終戦後の占領下、日本語表記をローマ字化する計画の資料集。


かなづかい研究の軌跡

今野真二 著, 笠間書院, 2017
これまでのかなづかい研究を「追実験=トレース」し、かなづかいに対する問題意識を検証した書。


「あて字」の日本語史

田島優 著, 風媒社, 2017
当て字に焦点を当てた日本語史。


甲骨文の話 (あじあブックス)

松丸道雄 著, 大修館書店, 2017
表題の通り、甲骨文字について。


No comments:

Post a Comment