Monday, 4 April 2011

【イベント情報】「秀英体100」行ってきました

行ってきました云うてもお邪魔したのは去る3/24なので、ゆうに1週間以上経ってしまいましたが、今回はdddギャラリーのみに潜入。
dddギャラリー入口

dddギャラリー入口のポスター。ピンクも欲しいな。

秀英体を使ったポスター、ポスター、またポスター。やっぱり皆さんスゴいですね。頭の柔らかさを見習わねば。

馬棚が1セット置かれ、見本帳や原字やパターンもあり、その横ではDNPさんの活版部署(?)のVTRが放映。まじまじと観る。ベントン彫刻機は現役のものは全国でも数台しかないということ。(ワタクシ管理人は2月末に現役のベントン彫刻機を生で観た果報者の一人です。)
また同じ2月末に現役の活字鋳造機を生で観ましたが、母型をセットしたらもうそのまま活字が出来るものと思っていたら、活字を組んだときのバランスを考えて、色々な微調整を施すなどのひと手間をかけた上で鋳造していることを知る。職人のワザ、ここにあり。

ギャラリーの一画には何と秀英体のスタンプが!
というわけでペタペタしてきました。
「えすつぇっと」と「もじる」。
「ゑ」を押したかっただけです。
「じ」が無く、「し」と濁点は「い」の右側を使用。

あとは、秀英体の小冊子も入手してこの日は終了。モリサワ会場は後日伺う予定があるのでそれと併せて。
小冊子の表紙

小冊子の中身


展覧会の詳細は、展覧会「秀英体100」のおしらせ | DNP 大日本印刷株式会社をご覧ください。

No comments:

Post a Comment